Slider

MESSAGE

会計事務所にできることは、税務申告や会計処理だけでなく、
コスト改善や赤字対策、節税対策、保険の疑問など、
経営に関わるいろいろなお悩みよろず相談所としての業務です。
また、相続税対策や相続税の試算、相続税申告、生前贈与相談など
さまざまなお悩み・お困りに対応します。

18.-12.13
ついに日本もインボイス方式って?

12月なのにあったかいなあ~ なんて思っていたら、急に本格的な寒さがやってきました!!

街中のクリスマスモードに追いつこうと事務所もクリスマス装飾に!

小さなサンタクロースをドアノブや鉢植えに登場させたり、毎年恒例の玄関リースやら、ポインセチアやら、ツリーやら、結構華やかになりました。

仕事空間のちょっとした癒しであります。

あと少しで元号も新しくなり、秋には消費税率が上がります。

そして、2023年10月からは消費税に“インボイス方式”が導入されるのです。

インボイス方式?? ですよね。 正式名称は「適格請求書等保存方式」

適格請求書発行事業者登録制度がはじまり、その登録番号が記載された領収書やレシートでなければ消費税計算で「仕入税額控除」の対象にできなくなるのです。

ここでもっとも肝心なのは、消費税の免税事業者は登録事業者にはなれないということ。

うーーん。わかりにくいですよね。

そもそも消費税計算の構造がどんどん複雑になる中、さらにややこしいことになりそうで恐ろしい限りです。

まあ、インボイス方式まではまだ5年ほどあるので、おいおい情報も出てくると思いますので、その折々に少しずつ説明していきます。

今年もあと半月。

年末年始は大型連休の方も多いようですが、すでに繁忙期に突入しつつある身としては、そんなに休めないかなあ・・・。

ひとまず、ちっちゃいサンタを見ながら、仕事します。